2005年09月10日

スピリチュアルいろいろ

昨日細木数子氏のテレビ番組をみていたら、自身が迷ったときに、
何に助けを求めるかというのを訊かれて、自身の守護神のような
ものから答えを受け取るとおっしゃっていたのだが、
それは、見たり聞こえたりするものではなくて、
心で読む(聞く)、と。続きを読む

2005年09月04日

エネルギーの交流

ヒーリングというのは、エネルギーの交流でもあります。
癒し、癒されるということも、エネルギー交流のなかで
うみだされる奇跡のように感じます。続きを読む

2005年08月23日

残暑お見舞い

・・・申し上げます。 今年の夏の暑さはスゴイんでしょうか?
私は去年の夏が凄すぎたので、あまり感じないんですが。
去年、私は4月から9月まで、考えてみれば半年もじゃないの・・・
酷暑を体験したので、それに比べたら今年は嘘みたいに夏が軽い。
続きを読む

2005年08月21日

海、そして満月

このところ海にばかりいる。さすがにこの時期になると泳ぐことは
ないのだが、とにかく海に行く。朝と云わず昼と云わず夜と云わず・・・・

ぼうっとしたり、人を観察したり、夕日を刻みつけたり、
そして、瞑想したりしている。

続きを読む

2005年08月10日

祈り

昨夜の鎌倉の花火を見た人はいるでしょうか?
あんな花火は初めて見ました・・・
黒煙に半分以上が隠れてしまった花火。
はっきり言って、不気味でした・・・
続きを読む

2005年07月13日

細木数子氏

今やお茶の間の主婦のハートをがっちり掴んでいらっしゃいますよね。
いつの間にかこんなにテレビにお出になられていて、びっくりです。
実はずい分前に、一度細木さんにお会いしたことがあります。


続きを読む

2005年06月29日

ニュートラルであること

自分が、常にニュートラルでありたいと願う。
そして、それがどれだけ難しいことなのかを日々実感する。
ニュートラルに人を見て、ニュートラルに出来事に対処する。
そんなあたりまえのことが、とてつもなく難しいと感じる・・・・続きを読む

2005年06月23日

瞑想で巡るAsia

バリ島で、島の霊能者に瞑想について尋ねたことがある。
もう5、6年前のことだ。
バリには霊能者と言われる人が無数に存在する。
呪いの魔術を使う老婆まで含めると、多分50人に1人くらいの
割合でいるんじゃないかと私は踏んでいる。

続きを読む

2005年06月21日

キャンドルナイト

キャンドルナイトに合わせて、2時間の瞑想をした。
瞑想は、常日頃からしていることだけれども、
2時間連続で、というのはなかなかない。
そして、今日は多くの人たちと繋がるのだという高揚感があって、
始める前から、ちょっと興奮気味だったのだ。

続きを読む

2005年05月22日

ヒーリングを選んだ理由

昔、ある霊能者の方がおっしゃったのですが、
「巫女になるような人というのは、何か憑きモノが憑いているようなこと
が多くて、神仏に仕えているうちに、憑きモノがだんだん落ちていくんだ」

続きを読む

2005年05月19日

ついに見た、これがウワサの・・・

モンロー研究所。

今晩の「アンビリーバブル(?)」というTV番組で、あの、たびたび話題
に上る(私たちのような人間の間で、という意味)モンロー研究所が
取り上げられるというのを聞きつけて、もちろん何はともあれTVの前へ。
続きを読む

2005年05月09日

愛についての考察2

先日の“愛についての考察”でも書いたけれども、女性を征服しようなどという
勇敢な心を持てる男性というのは、当然溢れんばかりの自信に満ち溢れていて、
それは魅力的な存在であることは間違いないだろう。

だから私たちは、ついつい心を惹かれる・・・。その先にあるものに
多少目をつむってでも、火の中に飛び込んでいこうとするのだ。
それを、恋と呼ぶのだろうか。



続きを読む

2005年05月07日

愛についての考察

「仕事や、仕事の関係の人間とはうまくやってるし、友達とだってちゃんと
つきあっている。・・・なのに、恋人という存在とは、どうしてもうまく
いかないんだ」
と、彼は言った。歳は40歳を少し過ぎているだろうか。アメリカ人。ハンサムと
言ってもいいだろう。 日本で自分のビジネスを立ち上げて、とても成功している。

続きを読む

2005年04月20日

ヒーリングセラピストとして

ヒーリングセラピストとして生きるって、どうゆうことだろうと思った。

人のエネルギー場に手をかざすと、さまざまな気づきがある。

ヒーリングセラピストができることって何だろうと、思う。

感じ取った要素を元に、エネルギーの調整をする。

温め、冷やし、歪みを整え、滞りを促す。

ところが、そこから先は踏み込めないという境界が、突然現れることがある。

それでも、せめて今だけは、ここに一緒にいる。

どんなことがあっても、一緒にいる。

・・・けれども、この思いが受け入れられなければ何もしてあげることができない。

その無力感を乗り越えたところにきっとあるのだと思う。

答えが。

2005年04月16日

Age

それから、年齢ですが、ある日夢のなかで問いかけてみたのです。
・・・あたし、このまま歳とってっちゃって、いいんですか?って。
そしたら、「スピリチュアルだから、いいんだよ」って答えが来ました。
その日から、私は年齢を消失したのでした。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。