2005年10月22日

ハートで考える

先週のジョセフの通訳の時に体験したことなんですけれど、
途中、ふとした迷いが生じると、言葉を完全に失ってしまうという
瞬間が訪れるんですね。 8時間もやってると、それが頻繁にくる。
そんなときって、ある種パニック状態ですね。
一つ言葉を失うと、次々と失い続けるのです。完全にパニック。

通訳って、言葉を英語から日本語に変えているわけなので、
脳(ブレイン)で、考えるのはあたりまえだと思うでしょ?

私も今までそう思っていました。
頭の中だけがグルグル動いている、かんじです。

でも何度めかのパニックが来た時に、
誰かの声がしたんです。

「頭使うのやめなさい! ハートで考えて」

これは、周囲の誰かが叫んでくれたのかもしれないし、
もしかしたらそうではなかったのかもしれないけれど、
確かに、その言葉を私がキャッチしたんです。

ハートで言葉を考える・・・・

瞬間的に、私は頭を捨てました。
脳の活動を停止させました。

すると、・・・奇跡的に、どこかから、言葉が出てきたんです。
私の内側から。
非常にリラックスして、無意識の言葉があふれ出てくる、
という奇跡を体験しました。

それにしてもハートで言葉を考えるって、どうゆうことだろう。

少なくとも脳を使うよりも、ずっと自然な言葉が出てきます。
言葉に魔法がかかったみたいに、言葉自体が、
不思議な力をもって生まれ出てくる、という奇跡が起こります。

もしかしたらこれが言葉の本質なんじゃないかしら。
それに気づいていないだけ。
無駄な言葉ばかりを喋り続けている日常がある。
けれども本当の所は、何も語っていないのかもしれない。

そして、ジョセフのワークを見ていて、ふと私の中から
湧いてきたひと言があったんです。
「これは・・・グランディングね?」
思わずそう彼に言うと、彼は微かに笑って、
「そう、グランディングだ。・・・グランディング」
と、二度繰り返したんです。
グランディングという言葉を。

そこから確実に私の中で何かが大きく変化しましたね。
パニックに対する怖れが、すんなりと消えてくれました。

とても穏やかになれました。
周囲に吹く風と、踏みしめた土の感触と、自分が一体になったというか。

そんなかんじで。

すべてが統合されていくプロセスを体験していたのです。

クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;





posted by rukiya at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 氣、チャクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。