2005年10月15日

生きていると、こんなことがあるんだ・・・

昨日の14日。この日は私にとって、一生忘れられない一日になるでしょう。
生きていると、こんなこともあるんだね。本当に。
この一日に起きたことのすべてが、今までの私の人生を象徴していた。
魂の根底から揺り動かされた。
体中の毛穴が全部開いたという感じ。
そうして、溜まりに溜まっていたものがそこから流れ出て、
浄化されていったのです。 ものすごい苦しみと揺れと共に

そこには無常の感動がありました。

今、私は心静かに自分を振り返って、自分そのものでいる、
というごくあたりまえのことを、あたりまえでいられることに、
とても穏やかな思いで、感謝しています。

話を戻すと、きっかけは私の所にきた通訳のお仕事の話でした。
ジョセフ・ミナ氏
というのは、ハワイに住むスピリチュアル・ヒーラーなのですが、
彼の、個人セッションの通訳を13日にしたんです。

そこで終了の予定だったのですが、14日の彼のワークショップの
通訳もやってみない? という話になって、なぜか受けてしまったんです。
今までの私だったら受けてなかったと思います。
それを受けることになった、この不思議さが、私がここにたどり着くように
仕向けてくれたとしか言いようがないのですが。

そこで何があったのか、それはその場にいた人たちだけの空間なので。
けれど一つ言えることは、ジョセフを始め、昨日その場にいた人たちの
一人一人が、たった一人でも欠けたらもうこれはあり得ないものに
なってしまった、その場にいたすべての人で作り上げた貴重な一日
だったように思えてならないのです。

そこで私は冒頭に書いた、ものすごい体験をしました。
これはもし私が参加者としてこのワークショップに参加していたら
なかったものでしょう。 通訳として8時間そこに共にいたからこそ
体験できたことなんです。

生きている、という実感をこんなに強烈に感じたのは何年ぶりだろう。
生きているって、こうゆうことなんです。
それを全身で壮絶に思い知りました。

ジョセフ氏はすばらしいヒーラーです。
彼の一番のすばらしさは、スピリチュアルを身体(ボディワーク)に
直結させていることでしょう。 人の100倍グランディングができている
方ですね。 スピリチュアルはとかく天上のことでのみ語られ、
上の世界ばかり見てヒーリングしている人も多く見受けられますが、
彼は全然違います。しっかり地に足をつけて大地に根ざして、
スピリチュアルに向き合う姿に、大変共鳴しました。
私もまったく同じ道を信じ、探求する者です。

ジョセフをはじめ、オーガナイザーのすばらしいお二人の女性と、
参加されていたみなさんのすべてに、心から感謝しています。

また彼は来日して、セッションやワークショップをされると思います
ので、その時はここでもお知らせしていきますので是非。

昨日のことは書き尽くせないほどなので、今日のところはこの辺で。
また折をみて、触れていきたいと思います。

クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;

posted by rukiya at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 氣、チャクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ☆
きっとステキな体験なのでしょうね。
是非、続きのお話を聞きたいです!

私もそのステキな体験の同じ空間にいて、
皆さんと共鳴してみたいと思いました。

また、お邪魔しますね♪
Posted by elin at 2005年10月16日 12:54
elinさん、こんにちは☆

そうなんです、これは私にとって本当に特別な体験になりました。

自分が今までやり残してきた課題に、自分のすべてを賭けて直面しない限り、真の意味での魂の浄化とか再生といったことは、起こりえないんですね。
それを全身全霊をかけて体験した、といったかんじでしょうか。

ものすごい濃い一日でした(^^)
まさに魂の抜け殻になって帰宅しました。

私の中で、はっきりと区切りがついたという気がします。

これから先、どのように人生が進んでいくのかはわかりませんが、まっさらな心で歩いて行けそうです。

ハワイのすばらしいヒーラーの一人ですよ、ジョセフは。
ますますハワイに惹きつけられてしまいました(^^)
まさに聖なる大地、ですね。

elin さんと一緒にハワイのジョセフを訪ねられたらステキですね〜


Posted by rukiya at 2005年10月16日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8161767
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。