2005年09月22日

犬の視点

ラン(ヨークシャテリア♀1才)を見ていていて気づいた。
小さな犬なので、私が椅子に座っている時なんかに、
下から私を見上げるようにしているんだけど、よく見ると、私そのものではなくて、
実際は私の上の辺りを見ていることが多い。

じっと、何かを凝視している。
ランは、何を見ているのだろう。

わずかな気配の変化にも、耳を立てる。
くしゃみを繰り返す。

ランもきっと何かに気づいている。
気づいても何も言わない。吠えることすらしない。

私も、同じだ。
言わない。何にも。

ランは、この空しさをも見ているのかしら。

今夜は、やたらと寂しくてやりきれない。
ばかばかしくなるくらいに。
すっかり秋なのかな。もう。

たまにはこちらも★blogランキング★^^;





posted by rukiya at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 心 と カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。