2005年09月20日

邪気について

近頃よく尋ねられることがある。
邪気についてだ。
邪気を受けることをとても恐れているのだと思うけど、
邪気というのは、至る所にあると考えても過言ではないと思うよ。
体内にもフツウに邪気はある。余分な水が溜まったものを湿邪と呼ぶ。
これが悪さをすると病気が発生する。

外では、たとえばよく廃れた(?)神社などに、
太い幹が、ひどく曲がってしまってるような木があるけれど、
あれも、邪気が入ったものと考えられている。

突発的に体内に入ってきてしまった外邪については、
手っ取り早く言えば、出してしまえばいいのだ。
入ってきたものは外に出す。
長く留めておかないこと。
しかしエネルギーブロックの強い人にはこれは難しい話だ。
この場合は、自身のブロックをとっていくところからスタート
するのだが、話が逸れてしまうので、今日は、入ってきたもの
を外に出すことについて。

でも、どうやって?

そうですね〜

たとえばこの前、ものすごい嵐の晩に、深夜、眠っていると
突然肩の辺りの関節がきりきりと痛み出した。
通常であれば、レイキを使えばすぐに痛みはなくなってしまうのだが、
このときは全然うまくいかなかった。

そのうち背中を通って腰の関節まで痛みが動いていったので、
あっ、やられた・・・というかんじで、邪気だな、と思った。

ずうっと意識的に足の下の方まで動かしていくようにしたんだけど、
けっこう時間がかかりましたね。
痛みも激しかったし。

最後の悪あがきというかんじで、それは足首の所で、ぐるぐる回って
いた。というか、回るようなかんじで足首が震えて、
ようやく足の裏から出ていったんだけど、長かったですね。

初めてだとちょっとびっくりしちゃうかもしれないけれど、
恐れずに、ちゃんと自分をコントロールしていけば大丈夫。
その心の持ちようが、一番の対処法だと感じる。

ま、邪気を受けやすいと感じてる人は用心するにこしたことはないけれど。
嫌なかんじがする所は避けるとか。
でも、普段何も感じない人は、考えることもないでしょう。
そうゆう人は、無意識のうちに、入ってきたものを出しているのでしょう。

というわけで、心配しすぎないことが一番です。

たまにはこちらも★blogランキング★^^;







posted by rukiya at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 氣、チャクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7125872
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。