2005年08月25日

ヤケドとヒーリング

キッチンで料理をしている時には、大抵ラン(ヨークシャテリヤ・♀1才)が、
足元でこちょこちょ動いている。それに気をとられないように
しながらも、今日は注意力がいまひとつ足りなかった。
気がついたら、鍋に熱した油が飛び散って、右腕を直撃していた。何箇所も。しまった。。。。

しかしこうゆう時こそヒーリングするチャンスだ。
先ずは水でヤケド部分を濡らして、氷を滑らす。
それからセラピューティックタッチ。

またしてもランがじゃれてきて、気が散る。
何度かやり直してしまった。局部はかなり痛い。腫れ上がるだろうか・・・
ちょっと心配になる。
セラピューティックを10分か15分くらい続けていると、大分熱がひいていく
のがわかった。 腕の内側の、白くて柔らかい部分の皮膚なので、
皮膚自体が弱い。 もうすでに真っ赤になっていたが、この時点で、
痛みは消え初めていた。皮膚の表面が涼しくなってきていた。

あとはレイキとセラ・・・を繰り返す。
皮膚の表面はジンジンしていたが、痛みはすっかりとれていた。
塗り薬などを使ってはいないのだけれども、30分から1時間で、
もうヤケドの感覚を何も感じなくなってしまった。
さすがに皮膚の赤みはまだとれていないけれども、数時間が経った
今では、それもそんなに気にならないかんじ。
水ぶくれにもならなくてよかった。

ランたら、そんなことにはお構いなく、涼しい顔だ。
もっと遊んで遊んでと、際限なく挑んでくる。
あんたにばっかり構ってなんかいられないんだから。

そうそう、明日からまた、ばおばぶでヒーリングイベントが始まる。
今回は1セッション5分増しにして、更なるパワーアップを目指す。
パワーアップした分は、ヒーリングを少し長めに。
更なる気づきをそこにプラスして。
来れそうな人はきっと来てね。雨が心配だけど。。。きっと大丈夫。

それからばおばぶの場所ですが、金沢文庫駅の東口を出てくださいね。
そこから大通りに出て、道を渡って、右手に下がっていくかんじで歩くと、
バス停があって、空き地になってる角を左に曲がっていくかんじです。

迷ったらごめんなさい。電話してくださいね。

たまにはこちらも★blogランキング★^^;








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6230686
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。