2005年07月12日

気の流れ

さっき、チラリと江原啓之さんがテレビに出ているのを見て、
ちょっと思い出したんだけど、オーラを見る、というのではなく、
感じた、という経験のことを。もうずい分前のことだが、
地下鉄に乗っていて、隣に座った男の方から、
めちゃくちゃいいオーラというか、風が吹いていたことがあった。

その方は、ちょっと太った感じの方で、しきりに汗を拭いていた。
私の隣に座っているのを、ちょっと申し訳なさそうに、大きな身体
を小さくして、暑い時だったから、汗も仕方ないのに、
とにかく、とても気遣いをされる感じの方だったのだ。

私はただの小娘で、生意気盛りみたいな感じだったのだけれど、
その男性から吹いてくる、すがすがしい、爽やかで和やかな風
に本当にびっくりしてしまったのだ。

多分この方はとてもいい方なんだろうなあ・・・と思った。
その風のことは今でもはっきりと覚えている。

そんな風が、いつか私から吹いてくれたらいいなあと思いつつ、
歳月ばかりが過ぎてしまった・・・。

たまにはこちらも★blogランキング★^^;




posted by rukiya at 20:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 氣、チャクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
rukiyaさんはすでに
「すがすがしい風」をまとって
いらっしゃいますよ(^^)
Posted by 月と海 at 2005年07月12日 22:14
またまた、
月と海さんにはかないませぬよ。

いつも周囲を温かく包んでくださって・・・。
なんだか、すぐにでもお会いしたい気分になってしまいました。

Posted by rukiya at 2005年07月12日 22:21
うれしいことをおっしゃってくださる(^^)
そういえば、最近お会いしておりませんね。
私の方こそ、rukiyaさんのさわやかな「気」に
包まれて癒されたい気分です。
Posted by 月と海 at 2005年07月13日 01:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5031736
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。