2005年04月20日

ヒーリングセラピストとして

ヒーリングセラピストとして生きるって、どうゆうことだろうと思った。

人のエネルギー場に手をかざすと、さまざまな気づきがある。

ヒーリングセラピストができることって何だろうと、思う。

感じ取った要素を元に、エネルギーの調整をする。

温め、冷やし、歪みを整え、滞りを促す。

ところが、そこから先は踏み込めないという境界が、突然現れることがある。

それでも、せめて今だけは、ここに一緒にいる。

どんなことがあっても、一緒にいる。

・・・けれども、この思いが受け入れられなければ何もしてあげることができない。

その無力感を乗り越えたところにきっとあるのだと思う。

答えが。
この記事へのコメント
こんにちは。ブログ検索でたどり着きました。アメーバブログで非日常系ブログやっていますhttp://dreamer-hm.ameblo.jp/お暇なときにのぞいて見てください。いろいろと、情報交換できればと思っています。今後も期待しています。本格的ではありませんが、プチ・セラピスト経験があります。
Posted by dreamer-hm at 2005年04月21日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。