2006年08月12日

レイキ?それともセラピューティック?

レイキは手を当てれば自動的に流れるものとされ、
アチューンメントなどにより、誰にでも簡単に
ヒーリングできると言われている。


一方セラピューティックタッチは、技術が必要になってくる。
ただ、この技術というのも、「意識のセンタリング」あって
のもので、この辺が心技一体であり、難しい、と思われがちだ。

昨年何名かの方にセラ・・・を私流でお教えしたのだけれど
やはりどなたも「レイキの方が簡単」と言われる。

レイキとセラピューティックの違いを問われたら、敢えて
「突き詰めていけば同じなのではないか」と答えている。

手法や効果は違うが、根本は同じ、そして辿り着くところも同じ、
というふうに私は感じている。

レイキは簡単だけど、非常に奥が深い世界だ。
手を当てれば自動的にエネルギーが流れる、たしかにそうだけど
ここに私は重要な一言を付け加えようと思う。

「無心で」手を当てること。

どうだろうか、これはそんなに簡単なことじゃないかもしれない。
瞑想をするということが、どうゆうことなのかわからないという
人には、難しいことかもしれない。

レイキヒーリングでは、マインドもハートも含めて、
「私という存在そのものの在り方」が試されているのだと感じる。

だからこそ、純粋なレイキエネルギーの媒介になれるのだと。

でなければ知らず知らずのうちに、レイキはレイキではなくなる、
ということになりかねない。

ちょっと難しい表現かもしれないけれど、要するに
「明るい気持ちで」、屈託のない心で望めばいいのですよ。

一方のセラ・・・では、「自分を正確にコントロールする力」
が必要になってくる。
ある種の瞑想ですが。
けれど、自分の波長をうまくそこに合わせることができれば、
つまりコツを掴めれば、そんなに難しいことじゃない。
これは他の波動法でも同じこと。

昨年講座を受けられた方々、だからイメージ力が大切なんです。
わかりますよね?

この、セラピューティックの要素は、私のレイキ・サードで
お教えしていきます。
興味のある方はどうぞいらしてください。
詳細についてはまた後日アップします。
但しレイキ・サードだけ、というのはお断りしています。
少なくともセカンドからは、私の所で受けてください。

それから、ヒーリング、レイキ講座共にですが、
希望されるすべての方に受けていただいてるわけではありません。
これはメールなどを拝見して、「お受けしないほうがいい」と
判断した場合にはお断りするケースもあるということです。

この辺をどうぞご了承くださいますようお願い致します。







posted by rukiya at 13:52| Comment(4) | TrackBack(0) | レイキについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です!

『気』の世界って、本当に奥が深いですよね・・。
未だに、やっぱり掴みきれていません。
だからこそ、いろんなアチューンメントに手を出したくなってしまうんだと思いました。

でも、ネットで見ていると、マニュアルが改ざんされたとか、なんだか、『気』の本質から離れたところで、話がどんどんずれていってるようなところがありますね。
で、この人達は何を求めているんだろう?
というような。

そして自分も我に返るんです。
自分にはレイキがある。
精神的に成長させてくれる、奥の深いレイキがあるじゃないかと。
レイキを信じて任せようと。

辛さを乗り切った強さは確実にレイキのお陰であった、と感じています。

でも、自分では正直、3rdは早かったな、とも思っています。
全くその境地には達していません。

『気』の世界を、一からじっくりrukiyaさんから教わってみたいです。
Posted by tsuyu at 2006年08月16日 15:49
tsuyuさん、
ごめんなさい、こちらのコメントに気づいていませんでした。
大変遅くなりましてすみません。。。

tsuyuさんの誠実さがひしと伝わってくるように感じました。
それはすばらしいことであり、貴方の良さであると私も確信していますが、
一つ敢えてアドバイスさせていただくと、
「苦しい」とか「辛さ」にはまり切らないで生きることが、もっと必要ではないかとも思えます。

誰にでも苦難はあるのですよ。
何をやってもね、苦難はやってくる。
でも、苦難にどっぷり浸ってしまうのではなくて、そんな自分を何処かで見ている自分は絶対必要だよね。
そんなことを感じるのです。

3rd、もし再受講希望する気になったらいつでもどうぞ(笑)
セラピューティックタッチのことも盛り込まれているので、そちらの再受講にも自動的になってしまいますけどね。
また詳しいことは徐々にアップしていきますのでヨロシクどうぞ♪
Posted by rukiya at 2006年08月20日 21:34
あああ〜ありがとうございます痛いです。。
そうなんですよね^^;
私はどうもどっぷり浸かりきって自分で自分を追い込んでいくところがありまして・・・
亭主からは、「お前は心配の種を探して生きている」と言われ、妙に納得してしまいました。
ちょっと、スタンスを変えていきたいな、と感じ始めています。

3rdはぜひ、お願いします。
時期がきたと思ったら、ご連絡させていただきますm(_ _)m
Posted by tsuyu at 2006年08月22日 10:38
tsuyuさん、
素直で真面目すぎるのよ〜

でも、それが良さでもあるんですよ。
あんまり気にしないでね。

また今度、ゆっくりお会いできる機会があるといいですね。
3rd、私も楽しみにしていますね。
思いっきり、いきますよ!
Posted by rukiya at 2006年08月22日 19:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22255379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。