2006年07月06日

瞑想とは・・・

瞑想について知りたい、という人は多いですね。
瞑想を、「これこれこうすれば明日からできるようになる」
といった、メソッドを求めて右往左往している。

そんなものが、果たして存在するのかどうか、甚だ疑問だ。

瞑想をすると「強くなれる」とか「願望実現する」とか
お金が儲かるとか恋人ができるとかね。
そんなセミナーが世の中五万とあるらしい。
私は行ったことがないから効果のほどはわからないですけどね。

まあ、これさえすれば、必ず瞑想できます、なんていうのは
私だったら信用しないなあ〜
そんなバカな。。。。って感じ。

私も昔は、どうしたら瞑想できるんだろうとずっと思っていた。
何度トライしても、何時間座り続けても、
どうしても辿り着けなかった。
瞑想らしきものには。

その時のことを省みると、「気」が全然「上がったまま」
だったんだよね。
気が上がったままでは、マインドは騒がしいまま、
何時間座り込もうがダメでしょう。

それがある時、ストンと「気が落ちる」ようになった。
ほとんど瞬間的に。
なぜだろうと考えると、私の場合は瞑想を、「気」の
ヒーリングを通して体感するようになったんだと思う。

レイキやセラピューティックタッチ、気に関することを
深めていくことで、無意識に瞑想するようになった。

私がヒーリングをしている時の脳波を、もしも測定したら、
おそらく瞑想している時のそれと、とても近いもの
なんじゃないかと思う。

日常の中でも、たとえば人と話をしている時などに、
ふいに「瞑想状態」に近い感じに陥ることもある。
ごく自然に。

「気」というのは、私の唯一の瞑想の師(別にこの方から
習ったわけじゃないからね。ただこの方の言うことだけは
信じられるから、勝手に師、なの)によると、

「精神」 と 「肉体」 の 中間にあるもの
(精神と肉体を むすぶ・つなぐ もの)
だそうだ。

そして瞑想とは、心身を一つに統合するもの。(by Kさん)

この感覚は、人に習って実感するものではない。
自分でそこまで下りていって、掴んでくるものだ。
それをしないで、誰かの言うことを鵜呑みにして、
その感覚を実感できるものではない。断じて。

そして、瞑想とは、心の平安だ。
もう瞑想のない世界へは戻れない、と心底感じる。
レイキをする以前の、昔の身体にはもう戻れないというのと
同じくらいに、(あまりに苦しかったので)
そう思うのですよ。











この記事へのコメント
瞑想・・・とは・・・?
ちょうど私も瞑想について考えていた所でした。
「無になる」のはまた違うのでしょうか?
座禅とか。無になるのって難しいですよね。

で、はたと思ったのですが、たとえば登山。
ひたすら苦しい思いをして登る時、
頭の中は真っ白になります。

それからキスしてる時!(笑)
この時は瞬時に無になりますよね(笑)
もしかして、これらは瞑想に近いのかな〜??と、
思ったのですが、やはり違ってるでしょうか(爆)
Posted by 越前屋ひょう太 at 2006年07月07日 02:27
キスしてる時ですか?!
無ですか?
私は無じゃないなあ〜(笑)
いろんなこと、企んでると思いますよ(笑)

初めから「無」を目指してしまうと「無」にはなれないと思いますよ。
おそらく逆でしょうね。
観念の世界にはまってしまうのでは?

Posted by rukiya at 2006年07月07日 09:40
rukiyaさん、お久しぶりです。
何だかここ最近、バタバタしていて全く瞑想、黙想していませんでした。
気が上がっているとはこういうことなんだなぁと実感できる毎日でしたσ(^_^;)
こういう時こそ瞑想したらリラックスできるのにと思いつつ・・・。
ようやく最近になってゆとりが出てきたので、また瞑想しよーと思っていたときにrukiyaさんの記事に辿りつきました。
またマイペースで楽しみます♪
Posted by なぷー at 2006年07月19日 20:48
なぶーさん、
本当に大変でしたね。
でもよく頑張りましたね。
えらいです、本当に。

座って瞑想するよりも、もっと多くのことを得られたんじゃないですか。
そして、そのとおり、リラックスするためにほんの10分でいいから瞑想するのが効果的ですよね。

身体には気をつけてくださいね。
私も本当にいろいろありますが、笑顔で乗り切っていくために、瞑想しています。
お互いに頑張りましょうね。マイペースでね♪
Posted by rukiya at 2006年07月19日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。