2006年07月01日

対話をしながら瞑想を(?)

私もこのところいろいろとあって、実はあまり元気がない。
唯一の楽しみ&充実感は、ヒーリングセッションや
レイキの講座を、みなさまとしている時です。


本当に、どんなに気が滅入いることがあっても
この時だけは、一気にパワー全開になるから不思議だ。

最初にお伝えメッセージですが、
私からレイキ取得講座を受けたみなさんは、いつでも何でも
質問やわからないことなどがあれば連絡してくださいね。
即答は難しいかもしれませんが、日を追って必ず返答いたします。
ある意味、「エネルギーのつながる」親戚関係のようなもの(?)
だと思うので、遠慮なさらずに尋ねてください。

さて、昨日のこと、久々に派遣会社の営業マンと3,40分話をした。
その時の奇妙な感覚といったら、あれは何だろうと思って。

あの話し方、あれはいったい何???

心がまったく、ここにない。
口先だけでペラペラまくしたてている。
時折、目線や口調で、こちらを威嚇することも忘れない。

それを見つめながら、私は、こうゆう話し方をする人たちと
この前話したのはいつだろうと考えていた。
思い出せなかった。 それほど遠い記憶のような気がした。

けれどもかつての私の日常の中には、こうゆう話し方をする
人たちが山のようにいた気がする。
一人ひとりを思い出せないけれど、こんなに奇妙に感じない
くらいに、それは日常的なことだったように思う。

威嚇されればされるほど、気持ちがシンと沈んでいく。
私の口から出てくる言葉は、小さく低くゆっくりになる。
まるで、ちょっとした瞑想に入っていくように。
どんどん腹が据わっていく。

この人は、これで幸せなんだろうかと、余計なおせっかいを少し。
こんな対応をされても、少なくとも今の私は、
この人には決して傷つけられないと感じた。
だって、底が知れてるんだもの。

以前の私は、少しずつ、無意識のうちに、こうゆう話し方をする
人たちに、むやみに傷つけられたりしてたんだろうと気づいた。
非常に馬鹿げたことに。
そんな必要はまるでないのに。

今日は思いがけずにいいお天気でよかった。
それでも何も、私の周りの状況は変わってはいないのだけれども

でも、よかった。 きっともう大丈夫。





この記事へのコメント
ご無沙汰しております。(まだ、そんなに月日は多分たっていない気もしますが。)
ファーストアチューンメントを受けてから、私の毎日は随分かわってしまいました。勿論、とても素晴らしく。
怒りをあまり感じなくなりました。笑。心の平和、静まり、と申しましょうか。
この記事を読んでいて、先日私が体験したことを思い出しました。
携帯で急ぎのメールを打ちながら、電車に乗り込んだその時、突然大声で「そうゆうのは、電源を切ってから乗れよ!」と、少し、異様な雰囲気を漂わせた中年の男性からの怒声。正直、誰に向けられた怒りなのか解からず、関わらないよう、素通りし、隣の車両に移ってから、自分に向けられた怒りだったのだと気がつきました。
始めは、気持が落ち着かず、マナーモードでメールを打っているだけの私に非があるのか!などと考えていましたが、「ああ、それは違う。」
「今日、こんなかたちだけれど、僅かな時間だけれど、出会い、時間をシェアすることは、初めから神様がデザインされた事だったんだ。」
と、気がついたのです。
どんなご縁だったのだろう。などと、考えていたら、何だか愛しささえ、感じてしまいました。
彼には、やり場の無い悲しみ、怒り、寂しさ、ひょっとしたら、憎しみが、許容量を超えていたのかもしれません。あの時、私が彼と、それらをわかちあうには、どうしたら善かったのだろう?
今は、ただ、静かな気持で祈るだけです。
彼の心の平和を。
勿論、rukiyaさんの心の平和も。
Posted by karen at 2006年07月03日 23:54
karenさん、コメントとってもうれしいです〜
karenさんは、すばらしい感性をお持ちなので
きっと様々な変化を体験されてるだろうなあと
感じていましたが、実際こうしてお聞きすると
あらためて、このご縁に感謝しています。

電車での出来事、こうゆう方も近頃ますます増えているように感じますね。
このような怒りの矛先は、周囲にも、そして何より自分自身に毒を振りまいているんですよね。
それと、どうわかちあうのか、というのは大変難しいテーマだと思います。
でもkarenさんは、レイキの講座の中でも、こういったことに触れられていて、私としてはアドバイスの言葉を失うほどで、ほとんどご自身で答えを内にお持ちなのだろうと思います。

私のことも祈ってくださってありがとうございます。つまらないことに腹を立てずに毎日を過ごしていきたいですよね。
Posted by rukiya at 2006年07月04日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20094030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。