2006年06月08日

ハンドヒーリング☆

近頃よく尋ねられることとの一つとして、
いわゆる「手当て」そのものの効力についてがあります。
手を当てるそれだけで、ヒーリング効果があるのかないのか。
また、レイキをすることと効果はどう違うのか。

私もレイキを始めるずっと前から、無意識に「手当て」を
していました。身体に痛みがある所に手を当てていると、
自然と痛みが和らいでいったり消えてしまったり。
そうゆうことは頻繁に体験していました。

元々人間にはそういった能力が潜在的にあるのかもしれませんね。
動揺している人の背中にそっと手を当ててあげるだけで
だいぶ、ラクになった・・・と言ってもらったり。

太古の時代からハンドヒーリングというのはありましたよね。
シャーマンが病人に手を当てて、病を治していました。
キリストが目の見えない人の目を治してしまった話は有名ですね。

けれどすべての人がそんなことができたかというと、それはない
ですよね。 こういった能力(ハンドヒーリングの能力)には
非常に個人差があるのです。

そこでいろんな人たちが修行をして、能力を身につけて、
手当て療法というのは確立していきました。

レイキもそのうちの一つですね。
けれどレイキは何度も書いているとおり特別な修行を必要としません。
修行という形態をとらずに、誰もがヒーリングできるようになる、
そのように設定されています。

これもすでに書きましたが、あるレベルまでは、レイキの取得講座
を受けていただくことで、誰でもヒーリング能力は身に付きます。
でも、そこから先は「本人次第」と、ご説明しましたね。
本人次第でそのレベルをずっと高めていくことも可能だし、
使わずにさびついてしまうことも有り得るのだと思います。

なぜなら、レイキは「光」だからです。
光を通して、ヒーリングしているからなのですよ。


たしかに私もレイキ以前に、ただ手を当てるだけでも、痛みは
和らいでいったけど、レイキ(光)を通すことによって、
ヒーリングそのものが、根本的に変わってしまったことを、
心身ともに、実感しています。

この光を伝えうる一つの手段として、レイキというのは
とてもいいものだと感じます。
そして、どんな方法・方向に進んでいくにしても
先ずはここから入るというのも、決して間違っていないように
感じますね。

よくレイキの交流会などで、レイキをしている人としていない人
が一緒になって、同時に手を当ててくれるのを受ける機会が
あるのですが、
中には、正直言って、「嫌なもの」を伝えてくる人がいたりする
のを、私も何度か経験しました。
レイキをしている人だけの時には、めったに体験しない
「気配」です。
私は基本的に、レイキをしている人のことは信用しています。
レイキの基本的な精神を、ちゃんと受け継いでいる人たちは、
少なくとも邪気を発することはないと思っています。

そして手当て療法にとどまらない、人間的な自身の成長という
ものについても、レイキは非常に「助け、導いてくれる」方法
なのです。 それは多くの方々が体験されています。

純粋な気持ちで、とてもシンプルに、ただ光に沿うように
ヒーリングすることができる。
というふうに捉えていただけるといいかもしれませんね。


クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;



posted by rukiya at 21:50| Comment(3) | TrackBack(0) | レイキについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
お久しぶりです〜☆

ハンドヒーリング、ロミロミもその1種だと思います。
実はこの前大阪で開催されていた「すぴこん」という、
スピリチュアルイベントに行って来たのですが、
「レイキ」のブースがとてもたくさんあり、
いくつか体験させていただいたのですが、
とても良いエネルギーをくれる方と、
何も感じない方との差を、身をもって感じることができ、
より一層「レイキ」に興味を持ちました☆
いつか絶対rukiyaさんの「レイキ」を
受けてみたいです!!
またお邪魔しますね♪

これからもよろしくお願いいたします☆
Posted by elin at 2006年06月09日 23:49
rukiyaさん、こんばんは。
待ちに待っていたハンドヒーリングの記事を興味深く読ませていただきました☆

今まで、レイキとは
"人がもともと持っているハンドヒーリングの力を出しやすくするための方法"
だと思っていました。
でも、二つは別のものであり、そしてその違いは、そこに光があるかないか、ということなのでしょうか??

光やエネルギーを感じられたら、きっと一目瞭然の違いなんでしょうね。
私もいつか感じられるようになりたいです。
Posted by なぷー at 2006年06月10日 20:23
elinさん、
こんにちは!
訪問いただいて、とてもうれしいです〜

私もいつかelinさんのロミロミを是非受けてみたい!という気持ち、変わらず持ってます。
いつかそんな日が、本当に来るといいなあ☆
これからもヨロシクです!

なぶーさん、
待っていただいていたんですか・・・
そうとは知らずに、だいぶ遅れてしまってすみませんでした。

それから、ハンドヒーリングとレイキは別物というのではないんですよね。
レイキもハンドヒーリング(手当て療法)の一つで、気功などもそうです。

人が潜在的にハンドヒーリング能力をもっているということも事実です。ただ、記事内にも書いたように、能力には非常に個人差があるもので、レイキは特別な修行なしで、レイキを通してヒーリングできるようになるという、ある種システムですね。わかりずらいですか? ごめんなさい。

光があるかないか、というか、レイキそのものが光なのですが、この光に沿った生き方をしているかどうかということで、ヒーリングにも差が出てくるのでは、というような意味を込めたんですけど、これは私の捉え方ですね。

それから光やエネルギーをたとえ感じなくとも、レイキはそこにあり、流れているものですから、心配はなさらずに、ただ任せてしまう、リラックスする、というのがいいでしょう。

またそちらも訪問しますね! ちらと拝見したらいろんな変化があったようで、非常に楽しみです☆

Posted by rukiya at 2006年06月11日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。