2006年04月29日

食の波動

先ずは感謝とお詫びからです。
実はこのところの私的な事情により、満足に講座&セラピーが
実施できておりません。 それにつきまして、すでに問い合わせをいただいております皆様に、ご迷惑をおかけしています
ことを、心よりお詫び申し上げます。

そして、皆様、本当にお一人お一人が、快くお待ちくださって
いることに、大変深く感謝しております。
どうもありがとうございます。 言葉ではとても言い尽くせませんが
皆さんのお気持ちの一つ一つに、毎日手を合わせる思いです。

同時に、そのお心を決して無にせぬように、最大限の努力と精進を
重ねていく所存でございますので、必ずお力になれますようにと
この気持ちのままに、これからも頑張っていこうと固く心に誓う
日々でございます。どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます【礼】。


さて、近頃のちょっとしたスピリチュアルブーム(?)が
あってのことか、ずい分いろいろな質問をいただく。
そのいくつかに、私なりの見解をまとめてここに載せようと
思っているのだけれども、今日はどうしても、これが書きたい
ので、ちょっとスピリチュアル話から離れますが、
今回は食のことについてです。。。。

中食(なかしょく)という言葉をご存知だろうか。
近頃はまったくこの中食がすごいパワーを放っている。
昔で言うスーパーのお惣菜やファストフードやお弁当も
この中に分類されるのだが、近頃の中食は昔ながらのもの
と比較すると、とてつもなく進化している。

先ず素材が違う。無農薬や有機栽培オンリーのお惣菜なんて
今時めずらしくもなんともない。
そしてそのレパートリーの広さ! 美味しさ!
これではもう文句のつけようがないわよね。 
そのうえ時間も節約できるし、材料も無駄にならないし
自分で作るより全然いいじゃない、
もう主婦の手抜きだなんて言わせないわ、
ってかんじでしょ?

たしかに忙しい人、一人暮らしの人、お年寄りの二人暮らし
などの方にとっても、これは大変便利だし、すでに私たちの
食生活に、これは欠かせないアイテムだと思う。
会社のランチなどでも大活躍ですよね。

この傾向は間違ってはいない。
ニーズもシーズもちゃんと存在していて、それにきちんと
応える形でビジネスとして成り立っている。
特に都会ではこれは必需品である。

忙しい主婦だって、これをじょうずに取り入れることは
間違いでもなんでもない。
栄養のバランスだってちゃんと満たされている。

でも。。。。
それでも敢えて言うとしたら、
育ち盛りの子供たちを抱えているお母さんたちには、
手作りの食事をやっぱり重視してほしいと願う。

もちろんこうしたものを取り入れながらでいいのですよ。
でもね、いくら食材がすばらしくて栄養のバランスがよくても
お母さんの手作りにはかなわない。

食って、心なんですよ。
自分で作ったものでも、忙しくてプリプリ怒りながら作ったり
すると、怒りの波動がちゃんと伝わってきてしまうのね。
身体に悪いですよね。
そして、心をこめて作ったものは、全然違う!

食も、波動です。。。波動があります。
だって 手で 作ってるんですものね。

波動が身体の中に取り込まれていくのですよ。食を通して。

これは非常に深いテーマです。
私は波動を使ってヒーリングをしている人間なので、
どうしてもこの辺を強く感じてしまうのだけれど。。。

子供たちの事件とか、病気のことなどを目にするたびに、
基本は食だな。。。といつも感じてしまいます。
友達の子なんかを見ていてもね、ちゃんと育ってる子たちは
やはりこの辺に違いが出てます。

お母さんが栄養士である必要はないんですよ。
薬膳なんか勉強する必要はありません。
ただ、
いつも、食に関して、アンテナを立てていることは大切です。
自分にアンテナさえ立てていれば、必要な情報は必ず入ってくる。

必要なのはそれだけ。
あとは、忙しくても、できるだけ心をこめてご飯を作る。
本当に大切なことはそれだけ。

というのを、非常に強く感じる今日この頃。


クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;

















この記事へのコメント
お久しぶりです!
昨夜、rukiyaさんが学校の先生で私が生徒、という夢をみました。そして二人で夕日を見ているのです。(なぜだ)

最近私は心身ともに崩れ気味だったのですが、そろそろ自分に喝を入れようと思います。
食を通して波動が伝わる・・
そうですよね。
良くも悪くも、波動は思わぬ形で伝わっているものなのですね。
勉強になります。ありがとうございます!
Posted by tsuyu at 2006年04月29日 22:32
tsuyuさん、お久しぶりです〜
私もご無沙汰してしまって、ごめんなさい。

それにしてもすごい夢ですねー、
でも一緒に夕日が見られて、なんだかうれしいです(笑)
そんな夕日をいつか見てみたいなあ。

心身ともに崩れ気味でしたか。。。
なんかわかりますね、
そうゆう時もありますよね。
そんな時は無理しないで、自然に移り変わる時を待ちましょう。冬の後には必ず春が、そして夏へと移り変わっていくものですもの。

こちらこそまた訪問していただいて、ありがとうございました。
またそのうちに、ね。
Posted by rukiya at 2006年04月30日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。