2006年04月16日

ひかり

前回書いたように、チャクラの過度な活性化は禁物ですが、
だからといってそれを恐れて、じゃあブロックしてしまおうでは
あまりにももったいないわけだし。


主要な7つのチャクラはエネルギーセンターの役割を果たすと
同時に、それぞれが資質をもっていて、たとえばハートだったら
「愛」ですとか「心をオープンにする」とか
そうゆう資質をブロックしてしまっては成長につながらない。

ので、自分のペースでみなさん、活性化されていると思います。
けど、7つのチャクラだけにこだわっても、あまり意味はない
と感じますね。

たとえば生命エネルギーを体内にとりこむためのチャクラとして
最も重要な役割を果たしていると考えられているのはこれら以外
にあるわけだし。。。。

よく「オーラ写真」「キルリアン写真」をとると、身体の周辺の
色が写って、それでオーラの状態を判断するというのがあるが、
この光の状態も、チャクラとはまるで互換性がないと考えられている。

ここに写るのは、ほとんど「エーテル」と「アストラル」の次元の
状態で、私の場合は、エメラルドグリーン&ターコイズブルーの
鮮明さが一番目に付く。もちろん赤や黄色もあるのだけれどね。
おそらく私の普通に調子がいい状態のオーラは、だいたいこんな
かんじなのだろう。 
JOY 喜びの色だ。

がしかし、もちろんこれがすべてではない。
キルリアン写真には、魂や精神の領域は写らないと言われている。

私が感じる私の魂の領域の色も、これとは色合いが違う。
それははっきりと感じる。

人が一人生きてるってすごいなあと思って。
だって、ひとりひとりが、こんなに様々な光を持って
存在しているのよ。

それを、つい忘れてしまいそうになる。
けれど決して忘れてはいけないと思う。
ひとりひとりが、それぞれに。

PS 独り言のようなものですので、あまりとらわれずに
   ざっくりと流してくださいね。


クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;





posted by rukiya at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 氣、チャクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。ぜんぜん、きちんと理解していない私だけどとっても、興味深くよませていただいています。殺伐とした現代だと、ほんとに自分にも周囲にも光があること、わすれてしまいがちですよね。一人一人、すこしずつでも、意識が高くなっていったら、もっといい世界になりそうだなぁ
Posted by いここ at 2006年04月17日 22:47
いここさん、
いただいたコメントを読んで、
なんだか幸せな気持ちにしていただきました。
とてもステキなコメントをどうもありがとうございました。
光とちゃんとつながっていたいですよね。

Posted by rukiya at 2006年04月17日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。