2006年03月26日

「運命の法則」のススメ

運命の法則 というのは、
天外伺朗さんの本のタイトルです。
天外さんは、あの、ソニーのAIBOの開発責任者を務めた方で、

ハイテクノロジーやビジネスの範疇を超えて、
人生そのものについて、スピリチュアルな側面をも見据えて
本を書かれたり、講演をされたりと、非常に多才な方だ。

大変興味深い本だ。 たとえば、第2章の
「燃える集団」の法則 には、

チームが夢中になって仕事をしていると、突然スウィッチが
劇的に切り替わることがある。その状態になると、どんなに
困難な局面を迎えようとも、必ず突破口が開かれる。新しい
アイディアが湯水のようにわき、必要な人材、技術、部品な
どがまるでタイミングを見計らったようにあらわれる。

こうゆう状況になると、「フロー」に突入する。

自らの内部から込み上げてくる喜びや楽しさを追い求めると
人は「フロー」という状態に入ることができる。
「フロー」は人にとって、喜びや楽しみの源泉であり、
なおかつ好運を招き寄せる。

しかし、どうもチームに「これを成功させて出世したい」
とか、「あいつに勝ちたい」とか、いわゆる外発的報酬を
追い求める人がいると「燃える集団」のスウィッチが入らない。

普通の課題なら、普通のやり方で、外発的報酬を求めて多くの
人が成功している。 ただ、本当に画期的なプロジェクト、
一般には不可能と考えられるような課題に挑戦する時には、
普通のやり方では殆ど挫折してしまうだろう。 

それには、「燃える集団」が、「フロー」が、必要不可欠だと
天外さんは書かれている。

この辺りを読んで、先週のワールドベースボールの試合のこと
がダブって浮かんできた。まさにあれは、燃える集団のフロー
状態だったのでは?

そしてこれは、数々のAIBOのようなビッグプロジェクトを
成功に導くカギでもあった。

名声や社会的地位、高い報酬などへの欲求では乗り越えられない
壁を越えるのは、「純粋な、高い意識レベル」なくしては
有り得ない、だからこそ物事の本質が見えるのだと感じる。

その姿を見て、多くの人が感動した。
フローを、共感していたのだと思う。
なぜなら、それは私たちにとって、普遍的な願いでもあるから。

その他にも、この本にはとても興味深いことが次々と書かれている。
私が好きな表現を少し紹介すると、

論理や言語で記述できることは、ものごとのほんの表層のみ。宇宙の
計り知れない深層部に触れるには、合理的な思考よりもむしろ直感が
必要。ただし直感を使うためには、心が純粋な状態でなければならない

人間は意識の成長・進化が進むと、戦う人生から次第に、好運に
恵まれた「フロー」中心の人生へ移行する。  などなど。

この本は、下手なビジネス書や成功の法則本なんかより、
ずっとお勧めである。と、私は思う。

近頃は、男性の方からも、私のレイキ取得講座に関する問い合わせ
をいただくことが多くなってきた。
それはもう、大変うれしいことです。
男女を問わず、このカオスのような社会の中で、精一杯ご自分の
職務を果たされている方々に、ぜひ受けていただきたい、
お力になりたいというのが、もともとの強い願いでもあった。

ですので、男性の皆さんも、遠慮なさらずに、これからも
問い合わせをお気軽にどうぞ♪ です。
トップの 問い合わせフォームからお願いしますね。

そして、この天外さんの一冊も、きっと何らかのきっかけ
になってくれるのではないでしょうか。


クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;












posted by rukiya at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15541725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。