2006年03月21日

流れに乗る、ツキを呼ぶ

一連のWBCジャパンチームの戦いを見てそう強く感じた。

流れに乗る、ツキを呼ぶ・・・・・
「流れ」が、まるで目に見えるようだった。TVの画面からでも。

技術的にはみんな一流の選手ばかり出ているんだから
そんなに大差はないはずなのに、流れが目の前にやってきた時に
一瞬でそれをつかんで、しかも次の人につなげていけるというのは
それができるかどうかというのは、技術ではないのだと感じる。

+@ の部分ですね。
説明のしようのない不思議な力が流れていく。
ある種の「気合」であると表現した人がいたけれど、
私もそう思う。
この気合というのが、爆発してあふれだしたようだ。

ツキというのもある。
だいたいこのイベントは、アメリカがアメリカのために都合よくルール
を決めたもので、審判までそんな判定をしていたにも関わらずそれを
全部こちら側に有利になるように事を運んでしまった。

こんなことってあるの? ってくらいのツキを呼び込んでしまった。
でもこのツキって、超一流の人にはやはり寄ってくるものらしい。
たとえばサッカーのジーコ監督なども、やはりジーコはツキを
もっているとよく表現されている。

超一流の実力を持つ人たちはやはりツキを呼び込む何かを
持ち合わせているのだと感じる。
オーラが違う、と誰もが感じる何かを。

王監督やイチロー選手にしても同様ですね。

実力のある人というのは、練習(鍛錬)に費やす時間というのも
人の何倍も費やし、実は努力しているのである。
好きで好きで仕方ないものを極めている。
だからツキを呼び込む力があるのかもしれませんね・・・・

イチローさんの集中力というのはものすごいですね。
自分の前にチャンスがやってきたときに絶対それを逃さない。
人並みはずれた才能に、人の何倍もの努力・鍛錬、そして+@
が加わった時に、究極の集中力がそこに現れるのかもしれない。

そういえば、王監督が選手だった頃に、こんなことを話されていた
そうです。
「ピッチャーの投げるバールの縫い目が見えることがある」

信じられないような話だけど、だってものすごいスピードだもの、
けれど、そのボールの縫い目さえ見えてしまうほどに
集中してしまう瞬間がある、ということなのでしょう。

すごい話です。本当に。

クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;







posted by rukiya at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。