2006年03月07日

春の兆しのような

また一年、そして春がやってくる。
早いですね。。。
去年の桜も、一昨年の桜も、まるで昨日のことのように感じる。

近頃の話題だと、千葉の九十九里の浜に、イルカが一度に70頭
打ち上げられていたという話だが、
原因はどうやら、水銀らしい。

解剖したイルカの体内からは、相当な量の水銀が見つかったと言うこと。
それだけ海はもう汚染されてしまっているってことなのでしょう。

イルカというのは本当に特別な存在だ。
ニュージーランドで、野生のイルカと触れ合ったことがあるのだけれど、
ある一頭のイルカがちゃんと私を見つけてくれて、
交わしたコミュニケーションは、すばらしいものだった。
あの体験は、今でも忘れがたい記憶として私を支えていてくれる。

アトランティスの元住民にとって、イルカというのは本当に特別。
そして我が身に起きたことのように、悲しい。
明日は我が身という言葉もあるけれども。

ちょっと前のお話としては、トリノオリンピックの荒川静香選手の
完璧な表現のことが記憶に新しいかと思うけど、

究極の集中 という姿を見せていただいたという感じ。
究極の集中の中では、緊張というものは一切存在しない。
明晰な判断力が、一瞬にして得られる。
すべてが調和しているという感覚。
自分であって、自分でないような感覚。

一流のアスリートが大舞台で最高の演技・技術を発揮したときのことを
よくそう話している。

自分が邪魔さえしなければ、すべては完璧なのだ。

ヒーリングもまたそのようなものです。
日々深くなる学びのなかで、日々起きている小さな奇跡に
春がまた一日と色濃くなっていくようです。。。

クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;








posted by rukiya at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
rukiyaさん、こんにちは。

イルカの件の原因は水銀だったんですか!
ニュースの第一報だけ聴いて、原因を知らずにいました。
私たちもそんな水銀だらけの海の産物をいただいていると思うとぞっとしますね。

rukiya さんがイルカと交わしたコミュニケーションってどんな体験なんでしょう。
興味津々です(*^-^)
Posted by なぷー at 2006年03月08日 09:39
なぶーさん、こんにちは。

水銀だと断定はされてないのですが、常識をはるかに超えた水銀の数値が、あらゆる器官から出てきたそうで、どうやらこれが原因らしいという話がニュースにでてたんですね。
大変ショックですよね。。。

イルカは本当に自然で、愛に満ちた存在で、コミュニケーションをとることはやさしいですよ。
ちゃんと私を見つけて、目指してきてくれました。 初めて目が合った瞬間にすべてがわかりあえるという、あの体験です。

なぶーさんのブログ、とてもステキに変身されたんですね〜
今度ゆっくり訪問させていただきますね★
Posted by rukiya at 2006年03月08日 18:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14379936
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。