2006年01月27日

つれづれなるままに・・・・

東大和市で、57歳の無職の男性が若い女性ばかり11人と
一夫多妻生活をしているというニュースがTVを賑わしている。

若い女の子たちが実質この男性を「養っている」そうである。
どうゆうふうに彼女たちがそこへ集まってきたかというと、
新聞によると、すでにいる女の子たちが、就職面接会場などで
「いい占い師がいる」 と スカウト するんだそうな。

いい占い師 に、女の子は弱い。
かく言う私だってかつては弱かった。
新宿の母 の前に半日並んで観て貰ったこともあるし、
あの細木数子先生に昔会わせてもらったことだってある。
ロンドンでは、たとえて言うならあの 江原さんのような
占いをする(霊視?)有名な先生に観て貰ったことも。

だからよくわかるんだけどね。
つきつめていくと、占いでは、自分が知っていること以上のことは
わからないのである。

あの細木先生だって、TVでさんざん、レイの堀江容疑者のことを
頭がいい、何やっても成功するとか、ヤフーを超えるくらいのこと
まで言っていたのだ。 まさかこんな事態になるなんて予測もして
なかったのだから、けっきょくは当たらなかったってことよね。

私もライブドアが、まさかあそこまで中身のなんにもない企業だと
いうことは知らなかったけれど、堀江容疑者が中身のない男である
ことはとっくに一目瞭然だった。疑う余地のない事実じゃない。
だいたい、女なんて「若くてキレイだったら何でもいい」
なんて言う男に、中身なんてあるわけないのだ。
空っぽな人間はまた、空っぽを求める。それだけのこと。

話は逸れたけど、占いですべてが当たる、解決するとは誰も
信じてなどいないはずなのに、占いに頼ろうとする心という
のがあって、「いい占い師がいるよ」という話を聞くと、
ちょっと行ってみたくなる。 
その結果、1人の得体の知れない男の言いなりになってしまう。
しかも言いなりになったことにすら気づかない。
という空恐ろしい話?


答えは自分の内にある。
これ以上の真実は存在しない。

いろいろな占いを試してみた結果、私がたどり着いた答えだ。

遊びで自分でカードを引いたりするのは好きですよ。
あくまでも遊びとしてね。 そこからヒントがくることもあるし。
でも、あくまでもそれは遊びみたいなもので、それ以上でも以下でもない。

そうそう、「易」は非常に奥が深い世界だそうです。
あのユングをも虜にしたほどで、「易」と「夢」がわかれば他には
何も(占いでは)必要ないと言い切るその道の学者・探求者は多い。

いつか易をやってみたいと思いつつも、なんか難しそう〜で手がつけられて
ないのだけれど。。。そのうち  ?

ああそうそう、まったく別の話で、ニュースで、
パレスチナでハマスが選挙で勝利したようだ。
日本にいると、パレスチナの問題って、遠すぎてどうでもいいこと
のように感じるかもしれないけれど、ここの問題は、

世界が存続していけるかどうか に関わってくる、ものすごく大切な問題だ。

ちょっとブルーになる。 平和がどんどん遠のいていく足音がするようで。
ひとりひとりが、試されているような時代だと感じる。


クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;










posted by rukiya at 13:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
易・・・ユング派の秋山さんと言う方の、簡単な本を持っていまして、コインでやるのですが、一時期嵌っていました。
本当にやるのは、なんか物凄く大変そうですね。
でも私もとても興味あります。
なんか、自分のどこかで、コインの裏表操作しているのかな〜なんて思った事もあります。

パレスチナ・・・ニュースで聞いた時に、嫌な気分しました。
今、災害も酷いし、国際情勢も怖いし、人もとんでもない事件起すし・・・なんか終末的な気分にもなりますが、これは「膿を出しているのだ」と私は思いたいのです。
で、膿を出し切ったら、とても清清しい朝が来る・・なんて・・・能天気ですが・・・
でも、膿を出してるとしても、人の犠牲はもう沢山と思います。
これ以上、悪い事が起こりませんように・・・
Posted by MIZUE at 2006年01月29日 01:53
本当にそうですね。
清清しい朝が来る、という表現はMIZUEさんらしくてすてきです。
パレスチナ問題は、イギリスにいた時には、それこそニュースで聞かない日はなかったですね。毎日、今日は何名が死んだ、ということばかりだったです。

でもあまりに根が深いことだし、いろんな要素が絡み合っていて、そう簡単には・・・です。
私には祈ることしかできないので、今日は新月ですしね。
今夜の新月には、万感の思いが込み上げてくる・・・予感がします。
Posted by rukiya at 2006年01月29日 11:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。