2006年01月20日

目の充血と肝の関係

ここ何日か、左目が赤く充血していた。
単なる疲れ? と思っていたけれど、昨夜何気なく
肝(一般的に言うところの肝臓のエリア)に手をあてると、

「ひぇ〜〜!」
思わず声が出たくらいびっくりした。

エネルギー的に言うとね、「ぼっこぼこにエネルギーの塊が出ている」
かんじ。
あわてて抜く、整える、癒す・・・ヒーリングをする。

近頃ぜんぜんお酒も飲んでないしね、油っぽいものも食べてないんだけど、
肝のエリアには、それと同じくらい(もしかしたらそれ以上?)
感情が溜まりやすいのよね。

で、ここに溜まるのは 怒りの感情。
いやですねえ。抜け切れてない。これもまた無意識の領域に、ですね。

そのまますべてをヒーリングに委ねて寝てしまう。

で、今朝、もう一度肝に手をあててみると、
瞬間的に、そこから
「ぎゅるぎゅるぎゅる〜〜」
という音がした。 何度も。

ふうっと、息を抜く。 ようやく解放されたのね。

鏡を見ると、目の充血が消えていた。

よかった。 心底ほっとする。

肝臓に負担がかかっているときって、目に症状が表れやすいので
気をつけましょうね。

クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;







posted by rukiya at 09:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 氣、チャクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へ〜!勉強になります!
時々特に何もしてないのに目が疲れてたりする時は肝にきてるかもしれないんですね。
Posted by tsuyu at 2006年01月20日 16:41
そうなの。 そうゆうときには、肝に手をあててみましょうね。
肝臓って機能が複雑でとても繊細なの。
もっといたわってあげなくちゃ、です。
Posted by rukiya at 2006年01月20日 17:29
私の友達にもそういったヒーリングができる子がいるんですが、バランスが悪くなってるとよくいわれます。私の場合「気」というものについてまだよくわかってないんですが、自分で手を当てるだけでもちがうものですか?
Posted by りんこ at 2006年01月21日 23:27
>りんこさん

自分で手を当てるだけでは難しいと思います。

レイキをやっている人でも、すべての人がエネルギー(オーラ)の状態がわかるというわけではないのです。

もちろん手を当てることで「落ち着く」ということはありますよ。
コメント、ありがとうございました。

>Pure Heart 田中さん

対応させていただきました。
ご連絡ありがとうございました。
尚、pingナンバーなどが書かれてありましたので、コメントは消去させていただきましたことをご了承くださいませ。
ありがとうございました。
Posted by rukiya at 2006年01月22日 19:52
追加です。というか、説明不足です。。。

りんこさん、おそらくtsuyuさんのコメントに対して私が書いたものをお読みになって質問いただいたんですね。

ごめんなさい。説明不足でしたね。
tsuyuさんはレイキプラクティショナーで、セラピューティックタッチの基礎講座も受けていただいた方なので、「手をあててみましょうね」で通じてしまうお話でした。

なかなか初心者の方には難しいでしょうという意味です。
ただ中には「もって生まれた天分」があり、無意識で出来る方もいるのかもしれませんが。
Posted by rukiya at 2006年01月22日 23:13
こんにちわ〜!
お久しぶりです♪
へ〜肝臓の負担が目にくるなんて、知らなかったです!
勉強になります〜
そう言えば、飲みすぎ食べすぎした次の日は、
必ず目の充血が起こります。
今度からは、目が疲れたときは肝臓にも気を使ってみます☆
またお邪魔しますね〜!
Posted by elin at 2006年01月24日 17:29
elinさん、こんばんは。
毎日寒いですね。。。。本当に。
春はまだ遠いという感じですが。

そうなんです、肝と目はつながっていると言っても過言ではないくらいです。
それは漢方(東洋医学)では定説というかんじで。
そして春がくると、この肝に負担がかかる季節となるんですよ。
なので、今のうちに養っとかなくちゃ、ですよ!
Posted by rukiya at 2006年01月24日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11957466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。