2006年01月19日

愛するものとの別れ

・・・に直面することが、いつだって一番ツライ。
今まであたりまえのように傍にいた存在に、
本当はどれだけ支えられていたことかを思い知る時。

何かをしてくれたとか、そうゆうことではなくて、
ただそこにいてくれたことに、
私を頼ってくれたことに、
私を愛してくれたことに、

いつの間にか依存していた。 

だからそれを手放す時が来ると、どうしたらいいのかわからなくなってしまう。

よね。?

だからこそ、感謝して手放さなければ。

私と巡りあってくれた縁と、すれ違っていく縁に。

感謝しよう。

どこにいても、元気で、ハッピーでいてくれたらそれでいい。
生きていてくれることだけでいいと思おう。
本当に。

今日は、自分の内から、たくさんの厳しい気づきがきた。
神社に、ようやく「初詣」に行けたのだけれども、

厳しいメッセージがいっぱい来ました。

「天命を全うしていく」 & 「そのために努力を惜しまない」

そこから少しずれてしまっていたのかなあ、と。
せっかく、年末に「拾った命」 助けていただいた身体と心なのに、
それを活かしきれてなかった。

「迷わなければ、信念は成就する」

そうか・・・迷いがぬぐいきれてなかったんだね。

私は、いかなる変化も恐れない。 受け入れていく。
それが「別れ」であったとしても、受け入れて変化していく。
その信念に変わりはない。

ということを、魂のレベルで理解した。

無理して変わっていく必要なんかは全然なくて、
何事も無理は禁物。

委ねていくこと。
信じて。それだけ。


クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;





posted by rukiya at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 心 と カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。