2005年12月15日

心よりの感謝と愛をこめて

昨日の「セラピューティックタッチ基礎講座♪」にご参加いただいた皆様より
大変ステキなメッセージをいただきましたので、ここにUPさせて
いただきたいと思います! 本当に心から感謝の気持ちでいっぱいです。


ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。

【MHさんより】

「グランディングの練習は、これまで疑問に思ってたことを見つめなおすことに
なりました。センタリングはrukiyaさんの感覚・イメージの話が自分のと
共通部分があり参考になりました。瞑想も気持ちが良かったです。セラピューテ
ィックタッチは名前だけで、中身はほとんど知らなかったので、参考になりまし
た。タッチの練習では、思い通りにいかない部分があって発見があったり、ru
kiyaさんの体験話がよかったです。」
 
>MHさんの、ゆったりリラックスした波動が、あの場を心地よく、和ませて
 くださったんだと思っています。遠方からわざわざいらしてくださって、
 こちらこそ大変参考になるお話をいろいろ聞かせていただいて、心より
 感謝しております。 昨日の経験を今後の活動に、何らかの形で生かして
 いただけたら、私としても大変うれしいです。 今後ともどうぞヨロシク
 お願い致しますね。 by rukiya
 

【Tsuyuさんより】

目に見えないものの世界に惹かれ、入ったものの、見えないのは見ようとしていない、感じようとしていない自分に、最近気付いていました。

寒ければそれがいやだから身体を閉ざす、暑くてもしかり、眩しければ目をそむける、そうやって外から入ってくる情報を遮断していたことにも気付きました。
きっと、まずはもっと五感を研ぎ澄まして、素直に感じたことを認めていかなければ、その先にある第六感なんて感じられるはずがない、ということにも気付き始めたところでした。

そんなタイミングでrukiya先生のブログを拝見し、今回の講座に出会ったわけです。
レイキのように、訓練不要で自動調整されて勝手に流れてくれる、というのは楽で便利ですが、なんか腑に落ちない。
でもセラピューティックタッチのイメージは、やはりレイキよりも、脳波測定などの検証を試みていて、一歩進んだ具体的(?)なもの、という感じでした。
本質は、どれも行き着くところは同じだと思うのですが、色々な側面から見てヒントを得たい、というのもありましたので、即、受けよう!と思ったのです。

あとは独学が最も頭でっかちになってしまう原因だったな、とも思いました。
昨日のように、感覚をシェアし、それに対してズバっと指導をいただけたのは、とても良い経験となりました。
同じような疑問、同じような感覚を持っている方と出会えたのも、非常に大きな収穫です。
(☆☆さんとの出会いはまさにシンクロだと思います!)

グラウンディングのコツ、センタリングのコツ、忘れないうちに自分のものにしたいです。
手に伝わってくる感覚を昨日初めて掴めました。

自分の内面と向き合う、ということをどうやら私は勘違いしていたようです。
ナゾだらけの暗闇だった世界で、ようやく光の見つけ方を教えていただけた、そんな感じです。
こういった目に見えない世界の、とても大切な基本の部分は、やはり本を読むだけでは掴みきれない。
人見知りな私が、人との関わりがこんなに大切ですばらしいものだったなんてと、実感しています。
本当に、大きな経験となりました。参加して大正解です。
これからもご指導、よろしくお願いいたします!ありがとうございました!

>Tsuyu さん、もう大変恐縮してしまいます。こんなにすばらしいコメントが
 いただけて、もう泣きそうになってしまいました。。。 大変励みになりま
 した。本当にどうもありがとうございました。  でも、先生はやめましょう。
 私はいつでも、お友達の気分ですよ。 友人として、Tsuyu さんに参加いただ
 けたことに、大変感謝しています。
 そして、貴方のこの素直さが、必ず更なるステップへと導いてくれるものだと
 心から信じています。 もうちょっとです。 光はもう見えているのですから。
 でも、決して焦らないでくださいね。 ハートの覚醒というのは、無理やりする
 ものではないと私は思っています。 その段階がくれば、無意識のうちに溢れ
 出してくるでしょう。 一番大切なのは、もう一度だけ言わせてくださいね。 
 「今、この瞬間を生きること」 です。 by rukiya
   

クリックお願いしま〜す★blogランキング★^^;



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。